英語教育改革とはどういうもの?

グローバル化するこれからの社会を見据えて、子どもに英語を幼児期から習わせようとする親が多くなりましたが、幼児期の英語教育にはどんな意味があるのでしょうか。
人間の脳は、3歳までに80%が完成すると言われています。幼児期の脳の発達については世界中で様々な研究がなされていますが、その結果、この時期にシナプスの接合が急速に発達し、それがパターン化して一生続くということが分かってきました。
つまり、この時期の脳の刺激によって将来、勉強が得意な脳になるかがある程度決まってしまうだけでなく、その子の性格まで左右されてくるということです。
しかしながら、この時期の脳はまだ学校でやるような知識の詰め込みには向いていません。もちろんものすごい勢いでいろいろなことを覚えていく時期ですが、この時期に大切なのは脳に刺激を与え、シナプスを増やして脳細胞の結合を促して、いわゆる「頭がいい」と言われる脳にしていくことが大切です。
そして、幼児期は英語教育にとって重要と言われるのは何故でしょう。この時期には言語の能力が急速に発達するので耳で聞き、理解し、発声する力を身に付ける時期でもあります。耳から聞いた英語を日本語にいったん訳してから考える大人と違って、この時期の英語とのふれあい方によっては、聞いた英語を、英語のまま内容を理解することができるようになり、ネイティブなみのきれいな発音が出来るようになるのです。「早期英語教育」と言われる幼児の英語教育はどのようなことをするのが効果的なのでしょうか。
幼児期は、読む・書くより聞く・話す能力を身に付ける時期です。また、親やまわりの人とのコミュニケーションがとても大切な時期で、全身で会話によって言語を習得していきます。英語もコミュニケーションによって覚えていくことが効果的なのです。