この記事をシェアする

日本語講師?外国人講師?どちらがいいの

外国人講師にレッスンを受けるメリット

幼児期は、見るもの、聞くもの、触れるものすべてを吸収して自分のものに出来る時期です。この時期に生きた本物の英語に触れることは、子どもの英語力におおきな影響をあたえるでしょう。特にCDやDVDとは、実際にリアルタイムでコミュニケーションを取れる、五感で生きた英語を感じることができることが、大きな違いです。子どもの脳は、まわりとのコミュニケーションによっておおきく発達、成長できるからです。
ただ、外国人と言っても英語を母国語にしない国もあります。外国人にあまり慣れていない日本人には、その違いを見分けることも難しいものです。また、いくらネイティブであっても、英語を話さない国の人に英語を教えるには、ある程度のスキルが必要です。教室を選ぶ際には、講師が英語を教えるためにどのような教育を受けているかも、チェックしましょう。

日本人講師できめ細かく学ぶ

とかく外国人講師にこだわりがちですが、日本人講師でもきれいな発音で、オールイングリッシュのレッスンを行う先生はたくさんいます。講師が日本人であるメリットは、日本人が苦手とする発音や英語のポイントをよく理解していて、そこをどうやって乗り越えるかを自ら体験しているという点でしょう。また、英語に苦手意識のある親は、外国人講師だと気後れして、子どものレッスンについての疑問や質問、要望などを直接には伝えにくいことがあります。子どもの性格や、親自身の考え方で決めるといいでしょう。
飽きっぽく、楽しくないと続けられないのが、幼児期の特徴です。子どもを楽しませることができるコミュニケーション能力の高い講師が理想的です。